アラフィフ骨格ウェーブの方にとっての顔タイプ診断

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


今回は大人世代限定「骨格ウェーブの方にとっての顔タイプ診断」のお話です。

結論から申しますと、ウェーブタイプの方は比較的お洋服が似合いやすく、顔タイプ診断結果から受ける影響も少ないかと存じます。なぜなら、骨格的なウィークポイントをカバー出来る方法が、どの顔タイプにも合う方法が多いからです。

ただし、顔タイプがクールorエレガントの方は、素材に注意が必要かと思います。

なお、顔タイプ診断と骨格診断について詳しく書いた、こちらの記事も併せてお読みください。

▶「顔タイプ診断と骨格診断」の記事はこちらから
※少々内容が重複していますが、ご了承くださいませ。

骨格診断とは

骨格診断とは、もって生まれた身体の特徴から、スタイル良く見せる理論です。

もとより人の身体を3つに分けることは出来ませんが、どの特徴がその方にとって一番重要かを見極め、3タイプに分けて考えます。ウェーブの方は以下の特徴を持っておられます。

代表的な有名人
(敬称略)
身体の特徴 似合う着方
ウェーブ 佐々木希、新垣結衣、松田聖子 上半身より下半身が厚みのある下重心。首が長め。
肌質はマシュマロのように柔らかい。
特に上半身に厚みがないので、デザインや小物で盛る。素材は肌質に合わせ柔らかいものを。ウエストはハイウエストで着る。

また、身体の特徴をイラストで表したのが下記の図になります。
※手書きなので拙いですがご容赦くださいm(__)m

 

 

大きく違いがある部分は、肩回り、バストの形状、胴回りの形状、ウエスト位置、ヒップの形状でしょうか。

診断では、これらを服の上からお身体を触らせていただきつつ丁寧に見ていきます。

 

顔タイプ診断と骨格診断 活かし方のコツ

この2つの診断は、結果から似合うとされるものが違う場合が多いです。
でも両方とも、「似合う」ためには大切な理論です。

2つの診断の軸足は、次のように住み分けています。

顔タイプ診断は首から上を見る。骨格診断は首から下を見る。
おのずと導かれる解が違うのは当然なのです。

顔タイプ診断は「あなたがステキに見える診断」
骨格診断は「あなたのスタイルが良く見える診断」

 

では、この軸足の違う診断をどう融合して活かしていくか。

通常、顔タイプアドバイザーの講座では、お洋服を購入する際のポイントとして、下記の順で選ぶとストレスなく似合う服にめぐり会えると、ご説明しています。

  1. 顔タイプで好きなテイストを探す
  2. 色で迷ったらパーソナルカラーを活かす
  3. デザインで迷ったら骨格診断で得た3つの項目(襟の形 重心位置 フィット感) を活かす

ただし…顔タイプ診断での結果が、クール、またはエレガントでいらした方は、素材をハリのある強めのものになさるとお顔立ちに馴染むと思います。

アラフィフウェーブで、クールorエレガントの方は、素材の強さに気を付けてくださいね。

骨格ウェーブに似合うとされるもの

一般的に「ウェーブタイプ」に似合うとされるものはこのように言われています。

【素材】
ポリエステル・レーヨン・光沢のある生地。ラメやビジューなどの装飾や、パテント(エナメル)の靴もとてもお似合いになる。

【着こなし】
首が詰まっているフィット&フレアがとてもお似合いになります。華奢な上半身を活かし、高めにウエストマークをした上で、下半身が重めの方は、タックでヒップと太腿周りの肉感を拾わないアイテムを着るようにします。

では、なぜこのように言われるかお分かりでしょうか?

ウェーブタイプの方の身体の特徴として、主に以下の4つが挙げられます。

  1. 横から見ると身体つきが薄い。特に上半身が華奢で首が長い。
  2. 鎖骨や肩甲骨が小さめながらも目立つ。手首を断面図で置き換えると楕円になる感じ。
  3. 肌質がとてもソフト。マシュマロのよう。
  4. 腰の位置が低く、太ももの横張が強い方が多いのでパンツスタイルが苦手。

このようにウェーブタイプの方は、とても女性らしい身体つきですので、お似合いになる幅が広い方が多いです。
アラフィフ世代になっても、それは変わりません。

年齢が上がり、胸元が削げて寂しくなってきたら、
ハイネックにギャザーが入ったデザインのブラウスや、
モヘアのニットや小さめのパールが連になったようなネックレス。
パンツやタイトスカートが苦手でしたら、ウエストにタックが入ったものをお選びになり、
ウエストをマークするか、前だけインする着こなしにすると、グッとスタイルアップなさいますよ!

この写真はすべてアラフィフ世代の方にもお似合いになる、ウェーブタイプの着こなしになります。

向かって左の2つは大人タイプ、向かって右の3つは子供タイプの方に良いでしょう。

なお、中央のジャンパースカートは、子供タイプの方にしか着こなせません。大人タイプの方には違和感が出てしまいます。

この写真のように、上下をワントーンでまとめ、素材をハイゲージニットやフラノにすれば、子供タイプのウェーブの方にぴったりのスタイルになります。

ウェーブ×顔タイプクール

ただし顔タイプクールorエレガントタイプの方は、ウェーブとは言ってもお顔に直線や強さをお持ちの方ですので、洋服が柔らかいテイストですと、物足りなくて違和感が出てしまいます。
以下の3点を意識され、選ばれると良いと思います。

  1. ハリのある素材
  2. 線的なデザイン(バイカラー、幾何学模様など)
  3. ウエストは絞る(何気なく絞ってあるシルエットでもOK)

 

 

まとめ

「アラフィフ骨格ウェーブの方で、顔タイプがクールまたはエレガントの方は、素材は強めにしましょう」という記事を書きました。

フワフワテイストよりは、お顔立ちの強さに負けない素材をお召しになってくださいね。

アラフィフと書いてきましたが、もし貴女が「ウェーブ×クールorエレガント」でしたら年代は関係ありません。

今回のお話をもう少し詳しく聞きたい、と思われましたら

お近くの顔タイプアドバイザーをお訪ねください。このバナーが目印になります。

 

お読みいただきありがとうございました。

同じように感じて悩む方の参考になれれば嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!