50代の厚塗りにならない引き算メイク術

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


※前回から3回シリーズでお送りしており、今日は2回目です。

ファッションやメイクをアドバイスする「イメージコンサルタント」という世界に身を置くようになり、

私は、自分の在り方と、ずっと向き合ってきました。

お客様の内面に土足で入りこむことは、自分に厳しく戒めています。

それは不遜なことだと思うから。

私はあくまでも、「装い」についてのアドバイスとサービスをご提案する「人」でありたい。

もしも、お客様が内面の深いところを聞いてほしい、聞いてくれることで前に進める、と

私に対して思って下さるのならば、誠実にお話を伺います。

前回から

  • 50代のファッション:私の在り方
  • 50代の厚塗りにならない引き算メイク術
  • 50代のコーデに必要な3要素

この3つのテーマでお話しております。

今日は2回め。

50代の厚塗りにならない引き算メイク術」です。

お読みいただければ幸いです。

ある日突然メイクが分からなくなる

私は今から8年くらい前に、ある日突然、

それまでのメイクが似合わないように感じて、焦りました。

いえ、嘘ではありません。本当にある日突然でした!
「どうやっても余計に変になる~。」と感じて迷走しました。
その頃の写真がこちらです。


 

そしてメイクの先生をネットで検索し、訪ねました。

仕上げて頂いたその時は感動し、でもだんだん違和感が生じ、

違和感をお伝えしても「そんなことないわよ~」と一蹴されてしまうので、

また検索し…の繰り返しでした。

その間を時系列でまとめた写真がこちらです。

49歳~54歳までの私です。

※向かって左が49歳頃で向かって右が54歳頃です。

それでも、納得できずに最後に学んだメイクがこちらです。

一昨年、55歳です。

 

※何パターンかをメイクで表現する宿題なので、向かって右のメイクは私には強すぎます。似合うメイクは向かって左のSoft Elegantなメイクになります。

ここまで学んできても、私はメイクに対して違和感を感じていました。

何がそんなに気になったかというと…

どのメイクも濃すぎる!

このことに尽きるのでした。

「どうして、どこの先生もこんなに濃いメイクを教えるの?」

もっと言うと…

「アフター写真を撮るにはちょうど良いかもしれないけど、その顔で電車に乗ったら明らかに濃すぎておかしい!」

と、感じてしまいました。

もちろん若い方はそれも良いと思います。

私は50代としてそう感じたのです。

 

もっと正直に言えば、

インスタなどのSNSにあふれているアフター写真は、どれも濃すぎてステキには見えなかったんです。

私自身メイクを勉強してきたので、なんとなくわかるのですが

そういった教室やスクールは、メイクに慣れた達人が、先生やアシスタントとしてご指導くださいます。

その空気に触れていると、感覚が麻痺してきます。

かく言う私も麻痺していた一人です。

 

今でも忘れちゃいけない!と思っているエピソードがあります。

勉強中にメイクモデルさんとして友人たち(50代)が来てくれた時、

ほぼ全員が「勉強にはなったけど、濃過ぎて電車に乗れないからトイレで薄くしてから帰った」と正直に感想を教えてくれました。

自分のやっていることを、もっと冷静に俯瞰して見なくてはいけないな、と気付かせてくれました。

引き算メイクを身につける

それから、引き算でメイクをする訓練を重ねました。

メイクアップアーティストの講演やトークショウに行ったり、動画で研究して自分の顔でやってみたり。

友人のお顔を借りて、練習させてもらったり。

そして、たどり着いたのがこんな感じのメイクです。

昨年10月末、56歳です。

この7~8年で、一番若々しく見えるのではないでしょうか。

私が目指すメイクは、50代以上の女性にとっての日常生活に寄り添うメイクです。

眉とチークは大切です

引き算が大切ではありますが、絶対外してはいけないパーツがあります。

眉とチークです。

たとえ70代、80代になっても、この2か所は変わりません。

私の母は75歳で要介護度が付きましたが、だんだん回復するにつれて、出かけるときのメイクは私がするようになりました。

眉を薄いグレーのペンシルで描き足し、ピンクのチークをふんわり品よくさして、艶の出るリップをさすだけなのですが、

表情の輝きが全く違ってきます。

眉とチークを活かすために

一番大切なのは、素肌を整え、出来る限り厚塗りにならないようにすることです。

肌に塗れば塗るほど濃い厚塗り感ばかりが出てしまうので、年齢を重ねた方は、余計に老けて見えてしまいます。

最小限のコンシーラーと、ファンデ、お粉で仕上げられるよう

素肌から整える必要があるのです。

素肌を整えるには、

  • 身体によい食事を心掛ける。
  • 基礎化粧も、やたらとアイテム数を増やさずに、洗顔と保湿に重点を置く。

頬に自然な艶がよみがえってきたら、お手入れがうまく出来ている証拠になります。

 

眉は感情や人間性を表し、チークは幸福感を表現するパーツと言われています。

やり過ぎない眉とチークで、感情や人間性を表したうえで幸福感をまといたい。

その上で、リップとヘアスタイルを整えれば、女性はいくつになっても美しさが際立ってきます。

やり過ぎない眉やチークとは

「やり過ぎない眉」とは、薄くて細い眉ではありません。

思っているよりも、茶系で太く感じられるかもしれません。

これは個人個人で最適な色味と位置と太さが違うので、お近くのプロにお尋ねくださいね。

私も少し詳しい記事を書きましたのでご参考になれば嬉しいです。

また、「やりすぎないチーク」とは、その方の骨格や輪郭に合わせた場所と、肌色にマッチした色選びが重要になってきます。

これも個人個人で違うので、お近くのプロにお尋ねください。

少し詳しい記事はこちらです。

わたし

ぜひ、今の自分に合うメイク法を身につけてくださいね。

若い頃のメイク方法では、どんどん老けて見えるメイクになってしまいます。

まとめ

私が目指す50代以上の女性にとってのメイクは、

やり過ぎない&日常生活に寄り添うメイクです。

こんなに回り道してきた私が実践しているのは

このような手順になります。

1.洗顔、保湿

2.美容液、バーム、オイルなど(油分で保護)

===ここまで朝晩のお手入れ===

===メイク===

1.下地(日焼け防止)

2.ファンデ(少量を限られた部分のみ)
コンシーラー(必要最小限)

3.パウダー(少量を限られた部分のみ)

4.眉(必須)

5.アイメイク(必要なだけでOK)

6.チーク

7.リップ

自然で、穏やかな美しさが醸し出せるメイクに
ぜひめぐり会ってくださいね。
お読みくださりありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!