私のセール必勝四か条@50代

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。

* * *

新年あけましておめでとうございます。

どうぞ、2020年もよろしくお願いいたします。

* * *

ところで、皆さまは年頭の目標を立てられましたか?

ちなみに私の目標はこちらです。
↓ ↓

わかりやすく役に立つ情報を、ブログにアップする。

情報と言っても、一般的な情報ではなくて、

50代女性に向けた、「装い」に具体的にお役に立つ情報をブログでお伝えしていきたいと思っています。

なぜなら私達世代が本当に知りたいことは、実は世の中にはほとんど無いからです。

50代女性に向けた、そういった情報があったなら、私自身「自分らしく装う。自分らしく暮らす。」ことに、こんなに回り道しなかったと思うのです。

私にミッションがあるとしたら、回り道する人を一人でも減らしたいことです。

なので本当はブログとかSNSとか苦手なのですが、頑張ります!

というわけで、さっそく今日は、初売りセールにも役立つ「私のセール必勝四か条」を書きたいと思います。

 

1.大物は前から気に入っていたもののみ

これは、尊敬する大先輩の先生が昨年教えてくださったことです。

その時はハイブランドのロングストールでのお話でしたが、私自身経験していたことでもあります。

3年前の初売りで、どうしても欲しいと思った羊革のジャケットを手に入れました。もともとお店で見かけて、試着もしてとても気に入ったのです。

それでも結構お値段は高かったので、セールに出ることを祈って初売りを待ったのです(*^^*)

お陰様でちゃんと購入できました。

カッティングといい、上品なピンク色といい、我ながらとても似合いますし今でも大切に手入れしながら着ています。

たしかに、ウィンドウショッピングで「運命の1枚」と出会いお持ち帰りすることはありますよね。

でも高価だったりでためらうことはあります。

私はサラリーマンの妻ですし、そんなに潤沢に洋服にお金をかけられるわけではありませんから。

単価の高いコートやハイブランドのものは、上手にセールを利用しては如何でしょうか(*^^*)

2.小物は全身鏡で確認

この場合の「小物」はアクセサリーとバッグです。

心惹かれるものに出会ったら、身につけて全身鏡に映して見てください。

ご自分の目の大きさや印象との対比を確認しましょう。

違和感がなかったらそれはあなたにお似合いになるものです!

バッグも必ず全身鏡で、ちゃんと映して確認します。

小物に限らず、お洋服もそうなのですが、その時に理由がハッキリ分からなくても「ん??」と違和感が先に立った時には買わない方が賢明です。

私は大きめのバッグで失敗したことがあります…。

お店で持ってみればよかったのですが、それを怠りネットで飛びつきましたが…結局一度も使うことはありません(涙)

メルカリましたが売れず、ラクマでも売れず…。よい教訓だったと捉えるようにしました。

 

3.ストールやスカーフはここを見る

冬ならではのストール、春物のはしりとして置かれているスカーフ。どちらも着こなしのポイントにとても良いアイテムですが、以下の2点については注意してみてくださいね。

  1. 中央ではなくて四隅を見る。
  2. 迷ったら花柄は避けよう。

中央ではなくて四隅を見る。

こちらのスカーフは私が実際に購入したものです。

最初お店の方にお勧めされたとき「真ん中のロゴが主張しすぎてるなぁ…」と思ったのですが

スカーフスタイリストⓇアカデミーで学んだ際に「スカーフを巻いたとき、実際柄として出るのは四隅で、中央部ではないのです。」と教わりましたので、お店の方に許可を得て、下の写真のように折って顔に当ててみました。


ね?

ロゴは見えなくなりましたよね??

まず、スカーフを見るときは、上の写真の赤い丸の部分が好きかどうかで選別してみてください。

縦長ストールでしたら、両端のデザインを見てみてくださいね。

迷ったら花柄は避けよう。

こちらの写真をご覧ください。どちらがステキに見えますでしょうか?


私のパーソナルカラーと顔タイプから考えれば、「似合う」のは花柄のほうです。実際そう思って購入しました。

でも、身につけて「ステキ」な印象になれるのは圧倒的にチェック柄の方です。もちろん感じ方には個人差があるのですが、私が好きな「上品で洗練された」印象になりたいのであれば、です。

比べてしまうと花柄の方は、顔周りは明るくなるのですが、なんだか垢抜けない印象に感じてしまいました。

ちょっと昭和の魔法瓶を彷彿…子供の頃よく見たアレです↓↓

4.言い訳するときは買わない

あるアイテムを手に取って、試着して、でも購入を迷ったとします。

試着したという事は「気に入ってる」とは思うのに、「即購入」をためらわせてる場合、こんな声が聞こえませんか?

  • でも安くなってるし…
  • でもあると便利そうだし…
  • いつか着るかもしれないし…
  • せっかく来たから何か買いたいし…

こんな声が浮かんで来たら、それは「買わない方が良いよ~」というサインです。

たとえセール品でも、大切なお金を「言い訳しながら使う」ことは、やめた方が良いと思うのです。

その1万円を、言い訳と共に使ってしまうより、もう少しだけ待って、新しいシーズンのために使いませんか?

折しも、2020年春からのトレンドは、春らしいペールトーンやシャーベットカラーに、ブラックやネイビー、ベージュなどでコントラストをつけたスタイリング。そういった心躍るアイテムが、2月から店頭に並び始めます。

ちなみに、ユニクロには既に軽やかな春色が並んでいます。どんな色が並んでいるのかちょっと見に行くのも良いと思います。実際購入する時の良い検討材料になりますよ(*^^*)

その1万円を言い訳して使うより、心から望んだものに躊躇いなく使いましょう!

賢くお買い物を楽しみましょう

なんだか偉そうに書いてしまいましたが、私も沢山失敗をしてきたからお伝えできるのです。

セールで後悔しないコツは

  • 大物は前から気に入っていたもののみ
  • 小物は全身鏡で確認
  • ストールやスカーフは四隅を見る
  • 自分に言い訳するときは買わない

* * *

と、お伝えしてきましたが、

当の私自身は今年の初売りセールでお買い物をする予定はないんです。

実は、去年後半くらいから気に入ったものをミニマムに持ち、小物で装いに華を添える。

そんな生活に移行しております。

昨年から折に触れ、断捨離を決行し、クローゼットが「気に入ったもの」だけになりました。

そんなことも、ご興味あったらサロンで聞いて下さいね。

お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!