オンラインショッピングで「ポチッ」とする前に、必ずすると良いこと

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


外出自粛中の皆さま。

家に籠っていると、ついついスマホを見ますよね。

そしてステキなコーデ投稿や広告などで、気に入ったアイテムを見つけると

お店はどこも臨時休業中で見に行けないし、ついついポチりたくなりませんか?

 

でも、ちょっと待って!
1.それは本当に似合っていますか?
2.それが手に入ったとして、組み合わせを3つ思いつきますか?
3.来年も手に取れるほど好き?

この3条件は、私が最近買い物をする時に、必ず自分にする質問です。

このうち、ひとつめの「それは本当に似合っていますか?」については、

フェイスマッチで簡単に出来るのです。

効果抜群!

格段にお買い物の失敗が無くなります。

幸せ

今日は、最近私がウッカリ失敗しそうになったお話をご紹介いたします。

記事の最後には、スマホで簡単にできる具体的な方法もご紹介しますので、

お読みいただけましたら嬉しいです。

春物のストールを買おうと思った私

最近、私が惹かれるスタイルは、

シンプルなお洋服に、小物でアクセントを付けたスタイルです。

ワードローブも出来るだけミニマムに整えたいと、徐々に変化させています。

そんななか、幾つか揃ったシンプルなワンピースやトップスに合わせる、

春のストールがあったらいいなと思いました。

これはナイショのアドバイスですが…ストールやスカーフは、いわゆる百貨店の「婦人小物売り場」より、各ブランドのブースにディスプレイされていたり、置いてあるものの方が断然おしゃれです。

特にセレクトショップにディスプレイされているものは、とても素敵なものが多いです。お店の方にお願いすれば、いくつでも見せて頂けるので、思い切ってお願いしてみましょう!

そこで、いつものように、まずはオンラインショップで気に入ったものをスクショし

自分の顔とフェイスマッチしました。

オレンジに惹かれ迷った私

迷ったのはこちらの3枚です。

いきなりですが、フェイスマッチした写真をご紹介しますね。

※素材はいずれもコットンシルクです。

ブルー

ピンク

オレンジ

私のパーソナルカラーはサマーです。ブルーは文句なく似合い、ピンクも悪くありません。

ただ、ブルーは当たり前に似合い過ぎていてピンとこず、ピンクは花柄が可愛らしすぎて、やはりピンときませんでした。

実は迷ったのはオレンジでした。季節的に、そして気持ち的にこの色に惹かれたのかもしれません。

こんな風に並べてみたりもしました。

注目すべきは、

中央のオレンジのストールのみ「ストールに目がいく」ことです。

「似合う」というのは、

お顔の雰囲気に合っていて、自分そのものが魅力的に見えること。

もし、アイテムそのものに目がいき「アイテムが魅力的に見える」なら

それは「私に似合っているのではない」ということになります。

心惹かれるものがあるにせよ、私にとって、このオレンジは色が強すぎたことが分かります。

フェイスマッチで比較してみて分かること

フェイスマッチで分かることは、下記の3点です。

  1. 色が似合うか
  2. (柄やデザインなど)が似合うか
  3. 素材の質感が似合うか

今回のストールに当てはめると、こうなります。

色の違いはどうか
やはりブルーが一番似合いますね。
柄やポンポンフリンジが似合っているか
どの柄も顔に合ってはいますが、ペイズリーが一番しっくりきます。
コットンシルクの素材感は似合っているか
実はコットンの素朴さが目立ってしまい、もっと艶のある織り方であったら、と思います。
※画面をピンチアウトしてみると良く分かるのです。

実はもう一つ見逃せないポイントがあります。

それは「ポンポンが子供っぽ過ぎて似合いづらい」ことです。

う―――む、残念💦

今回は購入を見送ることにしました。

後日談ですが…
先日断捨離していたところ、忘れかけていた春物ストールを発掘しました(^-^;
なかなか似合っていたので、1軍に昇格しました!

まとめ

今日は、オンラインショッピングでのお買い物の際、

ポチッとする前に、フェイスマッチをすると良いお話をいたしました。

スマホでも手軽に出来ますし、格段にお買い物の失敗が無くなります。

詳しい方法は下記の「LINEでフェイスマッチ」に手順画像入りでご紹介しています。

是非参考になさって、賢く楽しいお買い物をおうちでしてみてくださいね!

こちらの記事も読まれています。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

オンラインショッピング
最新情報をチェックしよう!