【外出自粛】気持ちが塞ぎそうになったらすると良いこと3つ~お勧めエンタメ情報付き~

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


本来今日までだった緊急事態宣言が、今月末まで延長されました。

私が暮らしている東京は、全国でも抜きんでて感染者数が多いので、ある程度は覚悟していましたが、

既に3月くらいから夫の在宅ワークが始まり、4月も丸々同じ状況でしたので、2か月間外出を自粛している感覚です。

正直「あぁ、更にもう1か月か…」と気持ちも塞ぎがちです。

そんな昨日、あるYouTubeチャンネルで、エンターテイナー(舞台でバリバリ活躍されている方)の言葉が耳に残りました。

「長い自粛生活で、ずっと家にいる。練習やトレーニングはしているけれど、このままだと人前に出られない感じになっていくよね。顔も。

まさに私自身も「そうなりそうだけど、そうならないために」何をすべきかを考えていたところでしたので、グッときました。

今日は私なりにこの時期をどう過ごすかを考えてみました。

結論の出る話ではないですし、参考にならないかもしれませんが

「ごく普通」の私が、この2か月の自粛期間で、落ち込みすぎない為に実践してみたことを3つご紹介してみたいと思います。

お読みいただけたら嬉しいです。

コロナの情報を追わない

テレビのニュースや、SNSのコロナにまつわる情報を、自分が決めた時間以外には見ない!

まずは、これに尽きると思います。

特にお昼間のワイドショー。

製作者の方が読んでいらしたら、ごめんなさい。

でも、申し訳ないのですが、不安を掻き立てられるだけで、結論のない「文句」ばかり聞いている気分に陥るのです。

政治家や芸能人や有名人の批判と、インタビューと称する一般人の愚痴ばかり。

人は「悪口・愚痴」ばかり聞いていると、顔もひん曲がるし、負のエネルギーにとりつかれてしまいます。

私自身は、コロナについての報道は、購読している日経新聞と、東京都のツイッターと、夜9時のNHKのニュース、SNSで見ることのできるBBCニュースでしか見ていません。

ノートに書きだして言語化する

これは、いわゆる「マインドノート」系のお話ではありません。

でも「文字に書く」と、思考が整理されることは

皆さんも経験したことあるのではないでしょうか。

日記もそうですよね。

それから、試験勉強も私は書いて覚えるタイプでした。

加えて、頭に浮かんだ考えを忘れないうちに、好きなノート(藍色のもの)に色々書き留める癖があります。

 

鎌倉・文具と雑貨の店 コトリ/ノートブック 罫線 A5

こちらのノートは、書きやすい紙質といい、大きさといい、藍色の色味といい大好きなんです!

ノートはジャンルに分けているわけではなく、

只々書きたいことを順番にページに埋めていく感じです。

思いついたまま、字も綺麗に書くわけではありません。

でも後から見ると、ちゃんと見返している時の自分に、一番為になることが綴られているのです。

この状況が明けたら何をしたいかを書き出しておく

今回の新型コロナ感染予防外出自粛(←長い!)については

いつか良いほうに変わる時が来ます。

コロナ以前の生活と全く同じではないかもしれませんが、必ずその時が来ます。

その時、自分は何をしたいかをノートに書きだすのです。

現状への不安ではなく、近い未来への希望を書き出します。

○○に旅行がしたい。
○○を観たい。

○○な仕事をしたい。
○○を習ってみたい。
○○を食べに行きたい。

なんでも良いのです。

是非書き出してみてください。

 

そこから逆算して、今出来ることをする。

次に大切なことは、書いたままにしておかずに、

そこから逆算して、今出来ることを探してやってみることです。

ただ、ここで気を付けたいのは、ポジティブシンキングをしなきゃ!と自分を追い込まないこと。

人は人、自分は自分です。

ポジティブな方のブログなどで、元気をいただくのも大切なことです。

でも、ポジティブの度合いは人それぞれなので、

見習おうとし過ぎると、自分がダメ人間に思えてきて、とても落ち込みます。


私も経験済みです。

私はそんなに行動的な人ではありません。

そう見えるかもしれませんが、思考が先に回り始めるたちです。

そんな私が

「アフターコロナに生き残れるのは今行動している人だけ!!」

といった文章を読み続けてしまうと

自分との違いに落ち込み、病んでしまいます。

散々病みそうになった私は、今は

「そうよね…私はここまでは出来ないけど、少しでも何ができるか考えてみようかな」くらいに受け止め

コーヒーでも淹れて、ゆったりと自分のノートをパラパラ読み返してみます。

そして、気になる箇所はポストイットに書き写して、パソコンに貼っておきます。

○○について調べておく。
○○さんのメルマガを読んでみる。
○○の為に、ストレッチしよう!

とか、そんな感じです。

いつも目に入るので、だんだん頭の中でその件に関して考えが回り始めます。

それだけでも「自分の為に実行している」ことに繋がり、決して無駄にはなりません。

人前に出られない感じ、とはどういうことか

冒頭に書いた「人前に出られない感じ」とは

「この状況が明けたら何をしたいか」が全く考えられなくて

気持ちが落ち込み、内へ内へネガティブに入り込んでしまう状態だと思うのです。

感じてしまったネガティブな気持ちは、一旦ちゃんと自覚した方が良いです。落ち込むべき時はちゃんと落ち込みましょう。

でも、そのままになってしまうと「もう、どーでもいい」感じになってしまうので

身なりがいい加減になり、顔つきが暗くなってしまいます。

しっかり落ち込んだ自分を自覚した後に

ノートに書き出してみてください。

ノートにも書けないときは、良質なエンタメを鑑賞する

と、書いてきましたが、そもそも「ノートに書く」ことすらも行動なので

ほんとうに気持ちが落ち込むと、それすらも出来なくなりますよね。

そんな時には、YouTubeやネットフリックス、Amazonプライム…

何でもよいので、エンタメを鑑賞しましょう。

大切なことは「良質なもの」を選ぶことです。

良質なものとは、高尚な、とかではなくて、殺伐としないもの・意地悪じゃないもの・心が温まるものでしょうか。

ご参考までに、自粛中に私が観たものをご紹介します。

ドラマ・映画は全てAmazonプライム見放題のものです。

※各々のタイトルにリンクを貼っております。

 

私の好みがハッキリ出てしまっていてお恥ずかしいのですが、

  • 丁寧に暮らす人々
  • イギリスもの
  • 感動するもの
  • 綺麗なもの
  • クスッと笑えるもの

が、好きです。

心が緩んでホッとするものを観ていると、自然と口角が上がってきます。

そうすると「何かしよう。」って思えます。

おわりに

今日は、長引く外出自粛生活で、気持ちが塞ぎがちになるときに

やってみると良いことを3つお話いたしました。

  1. コロナの情報を追わない
  2. コロナ終息後にしたいことを書きだしてみる
  3. 良質なエンタメを鑑賞する

このような閉塞的な日々は、真面目な方ほど自分を追い詰め、病んでしまいます。

是非、落ち込んだ気持ちに引きずられないよう、

そこから目を逸らすことを心掛けてみてください。

今日の記事が、お役に立てましたら嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!