【お知らせ】HPのテーマカラーを変更しました

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


お気付きの方もおいででしょうか?

本日、私のホームページにおけるテーマカラーを紺色に変更いたしました。

今日の記事では、

私にとっての紺色という色のイメージも含め、お伝えしたいと思います。

お読みいただければ幸いです。

Before&After

以前のテーマカラーは、水色でした。

水色というより、ティファニーブルーという、水色にほんの少しグリーンの混ざった色です。

このHPを立ち上げた昨年夏頃は、この色の優しさにとても心惹かれました。

サロンのテーマやプロフィール写真のテーマも「優しく親しみやすく誠実」を意識しておりました。

最初の頃のプロフィール写真です
この写真も大好きですし、このイメージも大切にしたいと思っております。

それでも、徐々に私自身のサロンに対する姿勢が固まってきた今は、

昨年末に撮影したこちらの写真の方が、しっくりくるのです。

実はどちらの写真も同じカメラマンの方が撮って下さったものです。

その方も「松前さんの、信頼がおける優しさがより前面に出ましたね」と

感想を下さいました。とても嬉しかったです。

そこで、大きくイメージを変えることなく、テーマカラーのみ変更したのがこちらです。

↓ ↓ 

この画像ですと帯部分のみ違いますが、これだけでも、とてもしっくりくるのが不思議です。

私自身大好きな色・紺

小学校から高校まで過ごした学園の制服も紺色でしたし、

自分でも好きな写真は、いつも紺色を着ています。

紺色は私にとって、安心感と落ち着きを与えてくれる色です。

どんなに勧められても、赤やピンクを着たいとは思いません。

その事で「ブロックがかかってる」と言われたこともありましたが

自分の中で「紺が好き。紺が自分のテーマカラー。」との思いが揺らいだことはありませんでした。

紺色のイメージ

紺色が持つイメージは、調和協力勇気栄光深い知恵を表すとされてきました。

雲のない晴れた空を連想させる色であり、隠すもの(雲)がないということから、

真実純粋さ、知の光も意味すると言われているそうです。

また、紋章に用いられる場合には忠誠信望謙譲を象徴します。

どれも私の好きな言葉ですし、自分の人生のテーマとしても大切にしたい言葉ばかりです。
余談ですが、イギリスでよく見かけるロイヤルワラント(英国王室御用達)の説明には、このように紺地に白のデザインで紹介されているものが多いです。実際には華やかな色で描かれている紋章ですが、この濃紺×白のイメージも素敵だなぁ、と思います。

色彩学でみる紺色

色彩学的に見ると、紺色とはどの様な色なのでしょうか。

実は、色には後退色/進出色と、収縮色/膨張色という、人が見て相反する印象を持つ種類分けがあり、

その中でも紺は「後退色・収縮色」になります。

後退色はその言葉通り、後ろへ下がって見える色。

その反対が進出色で、赤や黄色など、前に出てくる印象のものです。

そして収縮色とは、引き締まって落ち着いて見えるものであり、反対の膨張色の代表は白。

つまり紺はその色の性質上、後ろに控え、締まって落ち着いて見える色。

その性質は、まさにビジネスやフォーマルなど、かしこまった場面の適する役回りですし、

サロンでお客様をお迎えする場面としても、

お客様を引き立て、落ち着いた雰囲気を醸し出すのに最適な色なのです。

対して、

  • 自分を前面に押し出したい
  • 注目してほしい

このような場合は、進出色である赤や黄色で装うと、目的を達成しやすくなります。

例えば講演会の登壇者として聴衆に伝えたい時などは、こういった色を着てもいいし、ワンポイントとして使うのも良いでしょう。

トランプ大統領の赤いネクタイは、わかりやすい例だと思いませんか?

これからのサロンの目指すイメージ

イメージと言っても、

  1. お客様側から
  2. お迎えするサロン側から

この2つの視点から考えてみたいと思います。

お客様がサロンを選ぶ時に持つイメージ

人は、深層心理で求めるイメージを、

色で選ぶことも多いと言われています。

  • 穏やかで真面目な性格の方
  • 自分の感情を表現したり、人に甘えるのが苦手な方
  • 人間関係や仕事などで疲れている時や忙しい時
  • 静かで落ち着いた環境に行きたい時

このような場合には、自然と紺色に惹かれるそうです。

そして、おこがましいようですが、

こんな風に感じる傾向の強い方にこそ、サロンにいらしてほしいと思っています。

なぜなら、私自身がそう感じることが多い人間だったからです。

「外見を整える=装いを整える」ことや「自分を知る」「自分を内観する」ことで

今のように、安心して自分を受け容れる事が出来るようになりましたので

是非上に記した4つに当てはまりがちな方は、アンドレアを思い出してほしいと願っております。

サロン側がお示しするイメージ

紺色は、知的で洗練された印象にしてくれる上品な雰囲気の色です。

また、紺色は、夜空や宇宙のような深い青色でもありますので、

静かで落ち着いた印象の色でもあります。

昔から藍染で使われてきた色ですので、日本人にとっても馴染みのある色ですよね。

そして、ファッションに取り入れる際の紺色のイメージは、

きれいめにもカジュアルにも取り入れやすいカラーで、大人らしく決まる色です。

なおかつ、イエローベース・ブルーベースの制約を受けない、万人に似合う色でもあります。

このように、上品な雰囲気や静かで落ち着いた雰囲気を求めておられる

大人の女性に選ばれるサロンでありたいと、紺色をテーマカラーにいたしました。

おわりに

紺色は、落ち着いた品のある色です。

大人の女性は、人生における様々なステージや場面で、迷ったり疲れたりすることも多いです。

そのような方にこそ、アンドレアを選んでいただけますように、との思いを込めて、

HPのテーマカラーを、私自身大好きな色である紺色にいたしました。

…ここまでお読みになり「ちょっと堅苦しいサロンなのかなぁ」と思われたかもしれません。

大丈夫です!

話し出すと私はこんな感じになります。

↓ ↓

この写真は、プロフィール写真を撮った時に、

実際にアシストをしていらした方とお喋りしているところを撮られたものです(^.^)

楽しいお喋りも得意ですので、ご縁を頂けましたら嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!