マスクでもすてきな人は、目が笑っている人だった!

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


どうやら緊急事態宣言は、延長されるもようです。

もう暫くマスクが欠かせない日々が続きますね。

ここ吉祥寺でも、お店の方もお買い物客の方も、全員マスク姿です。

そんなある日、西友のセルフレジ待ちで、ボーっといつもの店員さんを見ていて

こんなことに気づきました。

「マスクしてて、不機嫌そうな人と、楽しくはないかもだけど楽しそうに見える人がいる!」

注目していた方は、どちらの方もメイクは綺麗に仕上げていらっしゃいます。

眉もきれいに描けておられたし、アイシャドウも明るい色がきれいにのっていました。

それに、いつも普段から笑みを絶やさない感じの良い方達だったのです。

マスクで顔を半分覆っているのに、こんなに放つ印象に違いがあるのは、

「目が笑っているか」「目が笑ってないか」の違いだったのです!

お読みいただけたら嬉しいです。

目が笑っているといないとでは、こんなに違う

ちょっと画像を使って実験してみました。

これは同じ女性が笑っている写真を並べたものです。

どちらの笑顔も自然でステキです。

では、この画像にマスクっぽい加工をしてみましょう。

あれ?向かって左側の方が、少しトーンダウンしていませんか?

そうなんです!

マスクの時は、目が笑っているといないとで、こんなに受ける印象が違うのです。

お店の方とのちょっとしたやり取りや、街でお知り合いにバッタリお会いした時

どちらの笑顔でいたいかと聞かれたら、私は向かって右の笑顔でいたいです。

マスクの場合、お相手が読みとれる唯一の情報は「目」です

マスクをしていると、お顔の3分の2は隠れてしまい、お互いに表情が読みとりづらくなるものです。

よく、第1印象は顔が7割と言われますが、その中でも人はまず目に引き付けられるそうです。

ご参考までに…

目の次は鼻。鼻の次は口だそうです。

でも、マスクをしていると、鼻も口も隠れてしまいますよね。

特に口が隠れてしまうと、どんなに口角が上がっていても

それが「目」の表情から伝わらなければ、お互いに楽しい思いを受けとることは難しくなります。

目元だけで「私は今、あなたといて楽しいですよ。嬉しいんですよ。」と表現できるようになりましょう!

それには、「三日月目」にすると伝わりやすい表情になります。

自然な「三日月目」にするには

たとえ口角が上がっていたとしても、目が笑っていなければ、

「作り笑いになっている」「緊張している」などの印象を与えてしまいます。

目尻が少し下がって、三日月を横にしたような形になるのが理想的です。

三日月目で笑う人で思い浮かぶのは、

女優の蒼井優さんとか、料理家のコウケンテツさんとかでしょうか。

見てるこちらまで和むような、柔らかい笑顔の方たちです。

でも、わざとらしいのはやめましょうね。ただの細目にしか見えないからです💦

自然な「三日月目」にするには、

下まぶたを上に持ちあげるように細めると、良いと思います。

さらに、頰の高い部分を、口角からしっかり上に持ちあげるようにすると、

口元もニッコリしているんだな、ということが感覚的に伝わるそうです。

これは、マスクの時には、特に大切ですね!

試しに口元を手で隠した状態で、鏡に向かって笑ってみましょう。

目を見るだけで、「笑っている」と判断できますか?

↑ ↑

この私はまさに「三月目」になっていますね。

この表情を引き出して下さったカメラマンの方、さすがです!

 

真顔の時と目の形が変わらなければ、まだまだ「すてきな笑顔」には、なっていない可能性が高いです。

そんな時には、目の体操をしてみたらいかがでしょうか。

目のまわりの筋肉を使う体操はこちら

この図は、お顔の筋肉を絵にしたものです。

青い丸を付けた筋肉がよく動くと、表情も和らぐのだそうです。

今流行っている「顔ヨガ」は、こういった筋肉をほぐし、良い表情になると大人気です。

私も興味があります!

眼輪筋をほぐす

まず「三日月目」がしやすくするには、目の周りの眼輪筋をほぐすと良いそうです。

簡単なトレーニングをご紹介しますね。

  1. 目をぐっと大きく見開き3秒間キープ
    目を見開くときは瞼を上に持ち上げようとするのではなく、眼球を前に突き出すイメージで力を入れます 
  2. 目の力を緩めてリラックス
    1と2を交互に数回繰り返すことで、眼輪筋が鍛えられ、目力がアップします

 

額に力が入ってしまう人は「おでこを手のひらでお抑えて」回避!

眼輪筋より額の筋肉の方が圧倒的に面積が広いため、瞼を大きく開けようとすると、同時に額も上がっていたりしませんか?

額の筋肉を使って目を開ける癖がついてしまうと、いつも驚いたような表情に見えてしまいますし、眉山の上に、もっこりとした筋肉のコブが出来てしまいます。

また額にシワが入りやすくなってしまうというリスクも…。

額が上がりやすい人は、上記の眼輪筋トレーニングの際「おでこを手のひらで抑えて」

目を開けるときに額もつられて上がらないようにしましょう。

また、

皺眉筋(しゅうびきん)が凝り固まっていると、眉間の皺がドンドン入りやすくなってしまいます。

眉を親指と人差し指で挟み、マッサージで揉みこむとほぐれます。

  1. 縦に10回
  2. 横に10回
  3. ぐるぐる10回、回す。
  4. 眉頭(図の赤い丸のあたり)から始め、眉の中央まで1㎝ずつずらしながら、①~③を繰り返します。

※こちらのマッサージ方法は昨年のPrecious.jp様の記事を参考にしております。すっかり習慣化することが出来感謝しております。画像もお借りいたしました。

このマッサージは、血行が良くなりまぶたの重みも取れます。
朝起きてまぶたが腫れているような時には、メイクの前に1セットやってみてくださいね。

表情筋をほぐす

目周りをほぐすだけでなく、表情筋をほぐすのも有効です。

顔の筋肉がこわばってしまっている人は、口角が上がりづらいですし、笑顔も自然ではなくなっています。

こちらも、簡単なトレーニングをご紹介します。

  1. 顔のパーツ(目、鼻、口)をギューっと真ん中に集めるよう意識し、口をすぼめながら息を吐きます。
    梅干しを食べたときのような顔のイメージで。
  2. ギューっと集めたものをパッと解放します。
    同じく息を吐き続けながら行います。ここでギュッと縮めた筋肉を一気に緩めるイメージです。

手軽にできるトレーニングのため、デスクワークをしながらでも良いので、

ぜひやってみてください!

心もほぐす方法とは

顔の筋肉をほぐし、トレーニングとして笑顔が出来たとしても、

心から笑えるように、日ごろから心もほぐしておきましょう!

…と言っても、方法は簡単です。

あなたが心の底から自然に笑顔になれるものを、1日に1度は見るようにするだけです。

好きなお笑い番組などを観て思いっきり笑うこともいいでしょう。

旅行などの思い出の写真、子供の写真、動物の写真、ネットから探した面白い写真など、

自然と笑ってしまうようなものなら、何でも構いません。

私の今のお気に入りは、上野動物園のツイッターです。

パンダだけでなく、沢山の動物たちの素の仕草が見られます。

※画像にリンクを貼っております。

 

上野動物園[公式]ツイッターより

 

まとめ

今日は、私自身が街で気付いた

【マスクでもすてきな人は、目が笑っている人だった!】の法則と

目が自然に笑えるようになる、簡単なトレーニングをご紹介いたしました。

マスクをしていると、鼻も口も隠れてしまいます。

特に口が隠れてしまうと、どんなに口角が上がり笑っていても

それが「目」の表情から伝わらなければ、お互いに楽しい思いを受けとることは難しくなります。

メイクを綺麗に施せているだけでは、コミュニケーションを取りづらいのです。

「目が笑っているか」「目が笑ってないか」はとても大切です。

目元だけで「私は今、あなたといて楽しいですよ。嬉しいんですよ。」と表現できる人になりましょう!

お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!