50代女性がレースのスカートを買う時は、裏地をチェック!

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


そろそろ、お店に春のお洋服が並ぶようになりましたね。

出そろうのは3月後半くらいかと思いますが、暖冬も相まって春物に目がいきます。

ただし、定番人気のお品は既に数が少なくなっているものもあるようです。

その中で、毎年人気のレースのスカートの購入を考えておられる方に、知っていただきたいことを書いてみました。

テーマは

裏地をチェックして購入しましょう!

 

お読みいただければ嬉しいです。

 

こうなっていませんか?

こちらの写真をご覧ください。

※写真はHPからお借りいたしました。

繊細なレースのタイトスカート。

色も春らしいスモーキーピンクで綺麗ですね。

でも…

ちょっと待った!

その裏地、短くありませんか?

裏地が透けるスカートの場合、裏地の丈がすなわちスカート丈と認識されます。

ですので、このピンクのスカートは丈自体は膝下ではありますが、なんだか短く見えてしまうのです。

 

良いスカートの裏地とは

ここで、裏地についてお話したいと思います。

50代の方にはぜひお買い物の際に「裏地」にも注目していただきたいのです。

特に裏地の縫製についてです。

スカートの裏地には、

先ほどのピンクのスカートのように、裏地自体がペチコートのようになっていて、スカート本体とは独立しているタイプと

満遍なくスカート本体の生地と合体しているタイプの、2種類があります。

こちらの写真は合体しているタイプの具体例です。

向かって左を見てみると、下部がティアードのように見えます。

めくってみるとわかるのですが、裾上げした部分も裏地で覆っており、

ウエストから繋がっている裏地は、スリット部分もきちんとまつり付けてあります。

こうすることにより、スカート本体の生地が裏側から擦られて傷むのを、完璧に防ぐことが出来るのです。


上質な服というものは、このように見えない部分の縫製がきちんと出来ているものです。

身体と生地の間に、裏地が介在してくれるお蔭で、身体のラインや動きが服にダイレクトに伝わらず

着心地が格段に良くなり、動いた時の生地の揺れが美しく見えるのです。

50代の膝問題

50代の女性に向けて声を大にして言いたいことがあります。

膝が見えてしまう丈のものは避けましょう。
どうしても着るなら、レギンスを合わせるか
膝の上に肉が乗っからない程度に痩せてからにしましょう!
鍛え抜かれた筋張った脚の方は、膝が見えるスカートやショートパンツも履けるかもしれません。
でも、私も含め、大多数の方は躊躇されると思います。
こちらの2枚のスカートを比較してみましょう。
※写真はHPからお借りいたしました。
紺色のレーススカートは、裏地が膝ちょうどまできていて、レースの透けている部分が少なく上品な雰囲気です。
一方ピンクのレーススカートは、裏地が膝上10センチくらいでしょうか…脚が透けている分、ミニスカートに見えませんか?
レースの柄次第ですが、膝が透けて見えると、私の場合はイタイ見た目になってしまいます。

骨格ストレートタイプ問題

また、骨格ストレートタイプは、透ける素材が苦手です。そして薄いペラペラした素材も苦手です。

もし骨格ストレートの方がレースのタイトスカートをお召しになるのなら、

  • 透け過ぎない
  • 地厚の生地

この2つは必須条件になります。

その点こちらはお勧めです!

先日、お客様(52歳・骨格ストレート・顔タイプソフトエレガント・身長155センチくらい)のショップ巡りでもお勧めし、お買い上げになられました。

とてもお似合いでいらっしゃいました!

La Totalite 

レースタイトスカート ¥15,400(税込) 

ネイビー、水色、イエローの3色があります。

人気のスカートとの事で、既に品薄になっているようです。

なお、セットアップのレースブラウスもありますが、

こちらは試着してみて、

胸元と二の腕がムチムチしなければ、ぜひご購入を検討されてみてください。

ちなみに私は駄目でした…トホホ。

 

まとめ

この春も人気のレースタイトスカートは以下に注目して選んでみてくださいね。

裏地の丈が膝丈のもの:ミニスカートに見えないように。

スリット部分に裏地が纏られているもの:足さばきが楽でシルエットがきれいです。

また、

骨格ストレートタイプの方にとって、スカート部分の生地の素材感は

透け過ぎないこと地厚が大切です!

お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!