「脱!昭和」50代のアイシャドウはここを更新すべし!

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


今日は、アイシャドウのお話です。

そして、ズバリ!!

昭和時代のメイクから抜けられない、

50代の方に向けての内容です。

お読みいただければ嬉しいです。

50代のアイシャドウ問題

お客様と接する中で、この年代のアイシャドウ問題は締め色の扱い方にあると思っていて、2つの視点があると思っています。

ひとつずつ紐解いてみましょう。

①締め色を使うか使わないか

アイシャドウの締め色は使っていらっしゃいますか?

お客様の中には
「なんだかキツい印象になってしまう。」
「かえって腫れぼったく見えるのでは?」と
締め色を入れない方もおられます。

それでも、私は是非締め色を使っていただきたいと思っています。

50代に入ってくると、お顔の肉が下がってきます。

そうするとまぶたが広くなり、二重の方は二重幅も広がってきますので、

優し気で、でもちょっと眠そうな目になってしまいます。

それを程よく締まった目元にしてくれるのが締め色なのです。

※この写真は、アイラインが入っているのでチョットわかりにくいのですが(汗)二重幅がほんのり色付いているのが分かると思います。

決して濃く入れるとか、目幅よりはみ出すほど広く入れるわけではありません。

この程度です。

50代になったら、ぜひアイシャドウの締め色は使ってみてくださいね。

②グラデーションは横割りか縦割りか

では、どんなふうに入れたらよいでしょう?

アイシャドウの入れ方には大きく2通りあります。

横割りグラデ―ション

まぶたのラインに平行に色を重ねてグラデーションを作ります。
自然に仕上がります。
こちらのイラストでは黄緑色の部分が締め色にあたりますね。

縦割りグラデーション

まぶたのラインに垂直に色を重ねてグラデーションを作ります。
個性的に仕上がります。
昭和のスター~テレサテンさんや山口小夜子さんが、よくされていました。

 

50代は横割りで!

私の考えではありますが、50代になったらアイシャドウを横割りで使っていただきたいです。

インスタのメイク動画などを見ると、若い方は縦割りでメイクされている方が多いですし

メイクのプロの動画でも縦割り風に、目尻側に濃い色を勾玉型に入れている方は多いです。

勾玉型とはこんな感じです。

色味がハッキリ出ますし映えるのですが、それは30代まで。

50代以上が真似すると「ケバく」なります!!

50代になったら、是非このように「横割り」に入れて、濃い色がまぶたに平行にかまぼこ型になるように入れましょう。

ちなみに同じモデルさんが、縦割りにメイクするとこう変わります。

この写真では、モデルさんがお若いことと、
ヘアがトレンドで旬なスタイルなので分かりにくいのですが、
普通の日本人且つ50代がこのメイクをすると「ザ昭和」になります(^^;

それにしても、同じ人とは思えないですよね!

 

締め色の入れ方

締め色の入れ方にはコツがあります。

出来れば柄の長いチップを使って、チップを最初に置くのはまぶた中央(写真の赤い点)にします。

チップが最初に付いたところに濃く付くので、それを左右にワイパーのように動かし(写真の青い矢印)ぼかします。

色付いた形が、かまぼこ型(厳密にいうとかまぼことは違うかもですが(^^;))になるよう仕上げてみてください。

是非やってみてくださいね。

まとめ

50代が「脱!昭和」のアイシャドウを目指すなら、入れ方を「横割りかまぼこ型」に更新しましょう。

私の若い時は、アイシャドウの入れ方は「縦割り目尻勾玉型」でした(笑)

そこにアイラインをビュイーンと長めに入れたものです。

でも時代は令和で、このテイスト=「横割りかまぼこ型」が馴染みます。

それでもよくわからない場合は、

お近くのメイクレッスンをして下さる方を探してみてくださいね。

お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!