大人のための顔タイプ診断 ⑦エレガントタイプとは?

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


ひきつづき8つのタイプそれぞれについてご紹介しております。

今日は「エレガントタイプ」です。

50代の大人の女性に向けた内容ですので、ご参考になれば嬉しいです!

エレガントタイプ

世代感は「大人」
形状は「曲腺と直線を両方持つ」

このタイプの方は、お目元が強く目力のある方が多いです。

上のマトリックスを見ていただくと、エレガントの真上に「ソフトエレガント」というタイプがございます。
エレガントと同じく、大人×曲線&直線のタイプですが、大きな違いがあります。

それは目です。

目が大きく目力の強い方が「エレガント」
目が大きくない方は「ソフトエレガント」になられます。

また、お顔の中に「骨感」もお持ちの方が多いです。
女性らしい筋張った輪郭とでも申しましょうか。大人世代の方にその特徴が顕著だと思います。
だからこそ、洋服がオシャレに着こなせるのでしょう。
ステキですね!! 

どんな印象の方でしょう

エレガントタイプの方は

  • 洗練
  • 華やか
  • 上品

代表的な女優さんは
賀来千香子さん、中谷美紀さん、後藤久美子さん、鈴木保奈美さん。

このタイプの方は、上品で華やか印象をお持ちです。
大人の落ち着きがおありながらも、そこにおられるだけでパッと目立つ、良い意味での派手さがあります。そしてそこが強みでもあります。

もしも、派手に見られたり、しっかり見えすぎるのが落ち着かない場合は、ソフトエレガントに寄せましょう。

ここに、私自身の顔を使ったメイク写真があります。
顔タイプに合わせたメイクをする課題での写真です。

向かって左が「エレガント」
向かって右が「ソフトエレガント」
👇

眉の角度をなだらかにし、全体の色味を淡い感じに抑えると
ソフトエレガントっぽい雰囲気が出せます。

ご希望でしたら、このような「寄せるメイク」をさせて頂いております。

自分が本当は「どんな自分でいたいのか」が良く分かる!と
大変ご好評をいただいております。

 

Emiko

ちなみに私の顔タイプはソフトエレガントです。
上の写真で、エレガントメイクが似合うというより「やりすぎ感」が
どうしても出てしまうのは、顔タイプの違いによるものなのです。

それでも、パーティーでドレスアップする際には、このくらいメイクを強くしないと
逆に「借り着感」満載ですし、顔が服に負けてしまいます。

ファッションはTPOも大切な要素です。顔タイプの理論を知ってから「寄せ方」が分かったので、
コーデを考えるのがとても楽しくなりました!

お似合いのテイストは?

 

エレガントタイプの方は、お目元に強さをお持ちですので、シンプルすぎると寂しく見えてしまいます。
ソフトエレガントが得意なワントーンコーデなどでは、違和感が出る方が多いです。

デザインや素材のどこかに華やかさを取り入れましょう。
表革のライダースジャケットなども着こなせるタイプの方です。

ZARAには、そういったテイストのファッションが多いですので、試しに見に行かれると良いのではないでしょうか。

そして、エレガントタイプの方には、更に2つのタイプがおられます。(ソフトエレガントタイプと同様です)

診断時の計測チェック項目で
曲線ポイントが多かった方は「フェミニン寄り」
直線ポイントが多かった方は「クール寄り」

ですので、お似合いのテイストも、少し違ってまいります。

ただ、どちらに寄せるにしても「強さ」は無くさないよう注意してみてください。
柄の大きさを強めにしたり、色合いのコントラストを強めにしましょう。

ご自分でどちらか判断しづらい場合は、顔タイプ1級アドバイザーにお尋ねくださいね。

着こなしのポイント

こんな感じの袖コンシャスなデザインや、スカートのデザインはとてもお似合いです。
きれいめな華やかさを意識してみましょう。
もしシンプルなコーデになさる時でも、色のコントラストをはっきりするとお似合いになります。
👇

お似合いの柄は?

大きめではっきりした柄がお似合いになります。色のコントラストも強めが良いです。
目の強さに負けない、大きめの花柄(丸くなくユリのような線的な花)、幾何学模様など着こなせる方です。
全身にもってこなくても、ボトムスだけでも充分華やかになられる方です。

 

お似合いの小物は?

大ぶりなアクセサリーや、デコラティブなものを意識して選ぶようにしましょう。

是非お店の全身鏡で、バランスを確認なさってから購入を決めてくださいね。

たとえば、一粒パールでしたら10㎜のものがお似合いになります。
6㎜くらいですと、付けているかどうかも分からないバランスに見えてしまいます。

 

お似合いの髪型は?

どんな長さでもお似合いになります。

どちらかというと、長めになさり大きめのウェーブを付けた方が
エレガントタイプの女性らしい良さを出しやすいです。

ショートの場合は、クールな印象になりやすいので、後頭部のトップ部分にボリュームを出しましょう。
前髪はなくても良いですし、作る場合は斜めに流しましょう。

結ぶ場合も、ひっつめになさらず、フワッとなるよう工夫します。

私のサロンでは簡単なスタイリングの方法もお伝えしております。
ご自分の魅力を、ご自分の手で輝かせていただきたいと思っているからです。

まとめ

エレガントタイプの方は、本来お持ちの華やかさを活かしたテイストがお似合いになります。
私が感じる「エレガントタイプ」のイメージは、ストレチアの花です。

それでも、もう少し華やかさを間引きしたい、とのお声も良く伺います。
または「カジュアルが苦手なら、ゴルフウェアはどうしたら良いの?」とのご質問もいただきます。

そんな時も、どカジュアルではなく
「同じポロシャツでも、少し艶のある素材で、セットインスリーブのもの。色は淡いパステルに寄らず、パーソナルカラーに合っていて、はっきりしたコントラストのもの。」とお答えしています。

もしも自分で分かりにくい時には、是非お近くの1級アドバイザーをお訪ねくださいね。
このバナーがHPやブログに掲載されている方が、1級アドバイザーの方です。


同じ大人×曲線&直線の「ソフトエレガントタイプ」はこちらをクリック≫

 

「大人のための顔タイプ診断 8タイプとは?」こちらをクリック≫

 

最新情報をチェックしよう!