大人のためのパーソナルカラー

こんにちは。

東京・吉祥寺にて、50代女性に向け「内面と外見がマッチする装いをご提案する自宅サロン」アンドレアを主宰しております、松前恵美子です。


今回は大人世代限定「パーソナルカラーとの付き合い方」のお話です。

なお、私がはじめに勉強したサロンは、いわゆる協会ではないので勉強が不足しているようにも感じ、独学を重ねました。

そのうえでたどり着いた大人世代に相応しいパーソナルカラーの考え方は、この3つだと考えています。

似合う色を知り、着ていて落ち着く&好きな色を知る
印象を変える手段に使う
その時々の装いにマッチするよう、品よく強くなれる色や、優しく見える色を知っておくと、有効ですし楽しいものです。
無彩色のみのコーデは老けるので、ポイントでも良いので似合うカラーを使う。
それでは、もう少し詳しく見ていきましょう。

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは、その方の生まれ持った色(肌・瞳など)と、雰囲気とが調和した色のことです。
調和した状態を「似合う」とよびます。
似合う色を見つける診断のことを「パーソナルカラー診断」と呼びます。

似合う色を見つけ出すために、私たちイメージコンサルタントは、色についても学びアドバイスの精度を上げる努力をします。

以下は、私が学んだことの中から、同世代=大人世代の方が、意識した方が良いと思うことを抜粋して書いたものです。抜粋とは言っても少し長いので、ご興味がない方は「私が大切にしていること」まで飛んでくださいね。

色の三属性

①色相

色相とは色合いのことです。色相を虹色順に円状に並べたものを色相環と言います。

色相環からは、6つのことが読み取れます。

  • 暖色:赤、赤橙、橙、黄橙、黄くらいまでの、暖かさを感じる色合い。
  • 寒色:青緑、青、青紫くらいまでの、冷たさを感じる色合い。
  • 中性色:紫系や緑系の、暖色とも寒色ともいえない中間的な色合い。
  • 補色:色相環で真正面で向き合っている色のこと。例えば黄色と紫。補色でコーディネートすると、目がチカチカしたりしますが、どちらかの色の彩度や明度を落とすと、お洒落なイメージになれます。
  • 反対色:色相環のおよそ反対側に位置する色のこと。例えば緑と橙。反対色でコーディネートすると、インパクトの強いイメージになります。
  • 類似色:色相環の隣または近くに位置する色のこと。似た色同士ですので、調和が取れて落ち着いたイメージになります。

②明度

明るさの度合いです。
明るい色を高明度、暗い色を低明度と言います。白が最も高く、黒が最も低くなります。
例えば、ピンクは高明度で、茶色は低明度です。

③彩度

鮮やかさの度合いです。
鮮やかな色を高彩度、白、グレーや黒に近づく色を低彩度と言います。白とグレーと黒が最も彩度の低い色です。
高彩度の色は華やかさがあり、低彩度の色は落ち着きがあります。

以上の三属性に加えて、清濁と、有彩色・無彩色も大切です。

○清濁

色の透明感、濁り具合のことです。

色に白もしくは黒を混ぜると清色=透明感のある色になり、グレーを混ぜると濁色=濁り感のあるスモーキーな色になります。
清色を当てると、肌の艶が増し目鼻立ちがクリアになりますが、やたらケバくなってしまう方もおられます。
濁色を当てると、輪線やパーツがソフトになり滑らかな印象になりますが、やたら老け込んでしまう方もおられます。

わたし
私個人としては、お客様にとって清濁のどちらがより苦手なのか
(反応してしまうのか)が「パーソナルカラー」を決める際の
重要なポイントになると考えています。

○有彩色・無彩色

色みを持つ色全てを有彩色と言います。有彩色は、色相、彩度、明度の3つの要素をもちます。
対して白、グレー、黒といった、色みを全くもたない色を無彩色と言います。無彩色は、明度のみの要素をもちます。

わたし

大人世代は、無彩色だけのコーデでは、暗い性格やきつい性格に見えてしまいます。どうしても色物を着るのが抵抗ある方は、肌の露出を少しだけ増やすか、アクセサリーやスカーフなどの小物に、お似合いになる色を加えたりしましょう。

 

パーソナルカラー・4シーズンとは

パーソナルカラー・4シーズンとは、色のグループを春夏秋冬の4シーズンに分けることで、似合う色をイメージしやすくする分類法です。

スプリング

イエローベースで高明度&高彩度、清色がお似合い。カラフルでキュート、健康的なイメージ。

有名人:深田恭子さん、佐々木希さん、松田聖子さん

サマー

ブルーベースで高明度&低彩度、濁色&紫陽花の色がお似合い。エレガントで優しく、柔らかなイメージ。

有名人:松嶋菜々子さん、黒木瞳さん、鈴木京香さん

オータム

イエローベースで低明度&低彩度、濁色がお似合い。シック、艶やかなイメージです。

有名人:北川景子さん、後藤久美子さん、米倉涼子さん

ウィンター

ブルーベースで低明度&高彩度、清色がお似合い。シャープでクール、かっこいいイメージです。

有名人:桃井かおりさん、常盤貴子さん、中谷美紀さん


わたし
ちなみに私自身はというと、サマーです。その中でも清色に近い色味が得意です。あまり濁ると途端に老け込みます(笑)それでも、ウィンター寄りのロイヤルブルーは、きつく見えてしまいますので、それならいっそ同じ低彩度のオータムの清色のほうが似合います。
パーソナルカラーって奥が深いんです。

色彩心理

パーソナルカラーを決めていく中で、色彩心理も大切にする場合があります。色の好き嫌いもありますが、お客様が何に価値観を置かれているか、どういう人に見られたいか、も大切な情報として加味いたします。その方がお客様にとっても、より内面にしっくりくるカラーに出会っていただけると信じています。

いくつか代表的な色の持つ心理的意味合いと、身体にもたらす効果を書き出してみます。

 

感情的 興奮や刺激をもたらす。 体温、血圧、脈を上げる。
オレンジ 楽天的な印象を与える。 消化、新陳代謝を良くする。血管、自律神経を刺激。
明るさや希望を与える。 運動神経を活性化する。脳を活性化。頭の回転を速くする。
情緒の安定。安心感を与える。 筋肉の緊張をほぐしリラックス効果を上げる。血圧を下げる。
鎮静作用。精神的な落ち着き。 体温低下。痛みを緩和する。
優雅さ、高貴さを感じさせる。 集中力アップ。鎮静効果。リンパや心筋、運動神経の働きを抑制する。
高級感があり、力強さを与える。 相手を威圧する。力を象徴する。
純潔、純真さを表す。 過去を清算しリセットする効果を助ける。
わたし
たとえば病院の待合室のベンチに「青」が多いのは、上に述べた効果に加え「時間経過を感じさせない」という心理的効果もあるそうです。
また、心臓の病気で入院した実家の父があまりにもイライラしていた時、色彩心理を鑑み、紫色のアネモネにグリーンをふんだんに添えたアレンジを作ってもらい、病室に飾るようにしました。おとなしくなったかは不明ですが(笑)結構気に入ってくれました。

私が大切にしていること

ここまでパーソナルカラーと色彩心理の一般論を書いてきましたが、私がお客様のパーソナルカラーを拝見するときに大切にしていることは

①色の三属性と清濁、どこに当てはまる方なのか

②心理的にどの色がしっくりくる方なのか(勝手に決めることはせず、会話の中で相互理解に努めています)

この2つです。この判断には、顔タイプ診断の結果も加味します。

その結果を、わかりやすくお伝えするために、4シーズンに落とし込んでお伝えしています。

それでも、お似合いになるシーズンが2つまたぐ方もおられますし、シーズンでは分類できないところで決まる方もおられます。
また、ご性格も大きく影響します。

たとえば、いくらスプリングが似合う方であっても、
性格のおとなしい方は「朱赤」には手を出せないものです。

このようにパーソナルカラーは難しく奥が深いものですが、私が診断をいい加減にしたくないのは、カラーを装いに反映するには2つの意味合いがあるからです。

  1. 似合って馴染む
  2. 顔に映して印象を変える

①に関しては、この通りの意味合いです。似合っている色は、肌や瞳の色に馴染み美しいですし、内面的にも落ち着きます。
②については、大人世代の私たちには、その時々の装いにマッチするよう、自分が品よく強くなれる色や、優しく見える色を知っておくことは必要ですし、安心して装うことを楽しむ事も出来るようになります。

そうやって楽しんでいただくには、「似合う色を知る」「どうしても似合わない色を知っておく=どんな場合でもその色は避ける」ことは必要で、そのためにパーソナルカラーを知っておくことがとても重要です。

 

うしても似合わない色は、あなたを恐ろしく老けこませます!
わたし
そんなの嫌ですよね!!
外面にも内面にもお似合いになる色をご一緒に探し出し、
自由に活用していただける方が増えることが私の願いです。

まとめ

今回は、パーソナルカラーについてと、パーソナルカラー診断と色彩心理の利用法について書きました。

特に50代からの大人世代の方には、色の清濁も大切なポイントであること。
パーソナルカラーを知ることにより、「似合って馴染む」そして「顔に映して印象を変える」この2点を使い分ける楽しさがあることもお伝えしました。

この記事がお役に立てれば幸いです。


ここまで、大人世代向けに

  • 顔タイプ診断
  • 骨格診断
  • パーソナルカラー診断

この3つの診断について、私が意識していることを書かせていただきました。


次回は、この3つの診断を総括するために、私が最も大事にしていること

「大人世代が輝くには“上品であること”が不可欠である」

このことについて書いてみたいと思います。

どうぞお楽しみに。

お読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!